油長酒造株式会社 | 風の森、鷹長、日本清酒発祥の地から

奈良酒

奈良酒

日本清酒発祥の地、奈良。

現在の日本酒の製造技術の根源となる技術は、室町時代末期の奈良で確立されました。

平安時代には朝廷直属の酒造組織が担っていたお酒造りが鎌倉時代には奈良、河内をはじめとする大寺院に移ってきました。
室町時代における大寺院は経済力、組織力、人材が豊富で、日本酒の発展を担う十分な力があったと考えられています。

奈良の菩提山正暦寺では、「菩提酛」という技法の成立により、安全な酒母づくりができるようになり、奈良の寺院醸造が、段仕込み、上槽、火入れといった、現在の清酒造りの基本となる技術を整えました。
菩提酛造りが清酒造りの起源、正暦寺が清酒発祥の地と言われる所以です。
かの織田信長もその品質の高さを賞賛したと記録されています。

現在、私たちは奈良の先人の技術を礎に、現代だからこそできる酒造りを行い、後世の人々にそれを伝えたいと考えております。

鷹長では、菩提山正暦寺が確立した技法・製法を忠実に守り、奈良酒の伝統格式を後世に伝えてまいります。
一方、風の森では、現代の技術を常に取り入れ、伝統を改変し、今までにはない斬新な味覚体験により、新たな伝統を創造してまいります。

この地で、酒造りにより、古より続く奈良の風土や文化を守り、それを更に前進させながら後世へと受け継いでゆくことが、私たちの使命だと考えております。

PAGETOP
Copyright © 油長酒造株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.